北海道・旭川セフレにお願い


北海道・旭川セフレにお願い

北海道では最初のセフレに自己紹介をしましょう

まず第一に、北海道下の私は最後の若者です。
「最初に自己紹介をしましょう」と着信音が言った。
メロディは…

「ああ、誰だよ♪誰だ?誰だ?♪(北海道)おお、何ですか?

鳴ったのは、今促した学生です。顔は耳に赤いです。気まずい空気。
そのような状況下で、監督は口を開けた。 “… … どなた?”

北海道でセフレ

その学生は、とても恥ずかしい、「悪魔です…」

北海道2人と人事部長が死亡した。
それは私が聞きたいものではありません! !
それからどういうわけかインタビューは何とかして滞りなく続きます…最後の質問です。監督から、みんなへの質問に。
「さて…最後に、簡単な質問をします。ひとつ、それが答えてくれることを願っています。
まあ、問題です。悪魔の年はどうですか? 「
「耳が地獄だ」


Share opinions

*

*


You may use these HTML tags and attributes to empatize your opinion:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>