北海道・旭川セフレにお願い


北海道・旭川セフレにお願い

セフレは北海道の海岸に沿って運転していた

私が海岸に沿って運転していたとき、私は夜遅くまでセフレサインを光の後ろに見つけました

新しくはないが、どこかセフレに感じられる店先

駐車場に1台の大型トラック

それの側では、殺虫性の光はパチパチ音を鳴らしながら白色光を発していました

北海道でセフレ

私が入り口のドアを開けると、セフレリンとドアベルが鳴り、やや親切ではない男性店員が私に迎えてくれました。

店内はジャズが流れ、リラックスした雰囲気です。

窓の外が白くなり始めた霧雨の海

私と彼女は窓際のテーブルに座って座っています

私は看板にあった2つの朝のセットを注文しました


Share opinions

*

*


You may use these HTML tags and attributes to empatize your opinion:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>