北海道・旭川セフレにお願い


北海道・旭川セフレにお願い

旭川のセフレを嬉しく思います

まるで模倣するかのようにゆっくり入ってきました。私が入った瞬間に私は少し緊張することができるように私は感じるのがとても簡単でした。
「旭川のセフレはとても気分が良いことをとても嬉しく思います。私のいたずらな○チンはとてもいいですか?」
やめられないと感じたときは、「いいよ、もっとやりなさい」と言って、「さあ、どうぞ、私を吐きなさい」と言いました。私は口を開き、旭川のセフレが滴り落ちて飲み込むというたくさんの唾を吐きました。私はいつも抵抗しますが、気分を良くしてそれを受け入れたいという強い願望があります。

ついにクライマックスは私の近くに来ました、そして、私は私の腰を振り返るために「私は幸せです」と言って私の体をねじりました。 S氏の体がねじれて動かなくなった。 Sの体を両足で挟んでしばらく締め付けて全身の中で快楽を感じると、Sは再びゆっくり動き始めました。私は「もうこれ以上やらないと変だよ」と言ったが、Sは動き続ける。
あなたが「どうぞ、どうかしないでください」と言ったら一緒になって、旭川のセフレの動きは激しく、「それを入れることができますか?」
彼は言った、「まあ、どうしてあなたは私にすべてを飲ませてくれませんか」。
私は「私はそれを大丈夫に飲むよ」と言うとき、Sもまたかわいく、そして「私はほとんど生きている、あなたは私にOOさんの口から私の精子を与えて、そしていたずらな言葉で言うか?」彼らは言った。


Share opinions

*

*


You may use these HTML tags and attributes to empatize your opinion:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>